コーチング事例集:コーチ養成講座で実践的なコーチング技能と資格取得を。セミナー、研修、コーチングであなたの課題を解決

コーチング事例集

受験プレッシャーに悩む浪人生~セッションを通して考え直す受験の目的~


大学受験を控えている浪人生の兼子君。
今年こそは、国立大学の受験を失敗してはならないと考えています。
そのプレッシャーからか日一日と受験日が近づくにしたがって、気持ちがふさがっていくのを感じていました。
高校の卒業生で社会人となってコーチをしている人がいると聞いて、今の状況を何とかしたくて、わらをもすがる思いでコーチの元を訪れました。

「はじめまして、兼子さん。よろしくお願いします」
と、コーチは、とても優しい笑顔で迎えてくれました。

「早速ですが、大学受験を控え、こんなことをしてる場合じゃないというのに、自分でも分かっているのですがなぜかしら勉強に集中出来ていないんです。どうしたらよいのでしょうか?」と挨拶もそこそこにどんどん喋り始めた兼子さん。

何事もこんな態度で先へ先へと急ぐので予備校の先生からは、
「そういう落ち着きのなさが、今のあなたの成績に反映されちゃうんですよ。もっと、ゆっくり鷹揚に構えないと、いい結果はでませんよ」と、このところずっと注意を受けていたのですが、とにもかくにも、早くこの悩みから開放されたいと思う気持ちが、兼子さんの姿勢に感じられました。

「なるほど。ご事情はよく分かりました。コーチの私の整理のためにも、少し、ゆっくり話を伺いたいのですが、コーチングのために少し時間を使わせてもらってもいいですか?」
と、コーチは落ち着いた口調で話し始めました。
これは、予備校の先生とはずいぶん違うと、兼子さんには、コーチを観察するゆとりが出てきました。
兼子さんには理由が分からないのですが、コーチのオフィスを訪ねてからどんどん、気持ちにゆとりを感じていったようです。
コーチは、兼子さんのゆったり穏やかになった表情を見て、質問を開始しました。

「兼子さん、国立大学を目指す理由をお差し支えなければ伺いたいのですが、よろしいでしょうか?」
「家もそんなに裕福でもないんで、国立大学を目指しているんです」

「そうですか。万一この受験に失敗したら、兼子さんにはどんな不都合が起きますか?」
「去年、受験して失敗してますので、今年はどうしても合格したいんです。両親も期待していますので・・・」

「なるほど。ご両親も期待されているわけですね。それでは、兼子さんはこの受験に合格すると、どんなことが学習出来るのですか?」
「農学部に入って、農業問題を研究したいんです」

「農業問題ですか。大事なことですね。それは、今目指している国立大学でないと勉強出来ないことですか?」
「そんなことはないんです。私の勉強したいことは、多くの大学で学べることです」
「いろいろな大学で学べるものなのですね。そのなかで今の志望校を選んだのは、どういう理由からですか」

「国立大学だと私立に比べて学費も安いし、地元の県庁に就職するにもそのほうが有利じゃないかと思うんですよ」
「すごいですね。将来のキャリアについての検討もされているわけですね」

「率直に伺いますが、兼子さんは、この大学に合格したいのですか?それとも、大学で研究をしたいのですか?」
「え?それは両方ですよ」

「そうですか。それでは、この大学の農学部を受けようと思ったのは、どんなところからですか?」
「予備校の模試で、自分の希望する大学の入学可能学部が農学部であったこと、それから、農学部について自分なりに、調べて、これからの日本には農業問題が大事になりそうなので、それを選んでみることにしました」

「それは誰かに相談しました?」
「はい、自分なりに調べて方向性を決めてから、予備校の先生に相談したところ、兼子さんの偏差値で十分合格圏内に入っているので、そこを目指すようにと言われました。また、両親に相談しても、国立大学に入って、あなたのやりたい研究をどんどんやってくれれば、それでいいということで、予備校の先生も両親も賛成してくれたし、自分もそれがいいんじゃないかなあって思うんです・・・・」

次々に、兼子さんに考えさせるような質問が続きました。

(「自分は何のために大学にいこうとしているんだろう」)
(「自分は大学に行って何をしたいのだろう」)
(「大学に行きたいのか、大学に行って勉強したいのか どっちなんだろう」)

「最後に伺いますが、兼子さん、ほんとうにそれ(大学での研究)は兼子さんがやりたいことなのですか?」
最後の質問を受けた兼子さんは、思わず、「う~ん・・・」とうなったまま、黙り込んでしまったそうです。

(「ほんとうに自分のしたいことは何なんだろう?」)
しばらくして、兼子さんは「コーチもやもやは、まだはれてはいませんが、自分が考えなければいけないことは、分かったような気がします。急がば回れで少し考えてみることにします」ときっぱりと言いました。

「そうだね。大学にいって勉強するのは、兼子さん本人なんだから、自分の気持ちをきちんと整理してみることは重要だと思うよ。そこを確認したうえで、自分でやってみようと思って、受験勉強をしていけば、結果は自ずとついてくるもんだよ」
受験勉強は、自分との戦いであるばかりでなく、家族や、学校の先生、予備校の講師など、かかわる人の数だけ悩みが出来るものであるといわれます。それは、ともすると自分だけの受験ではなく、家族のためや学校のためなど、他者の希望を背負ってしまうことから言われることだと思います。

兼子さんは、1年の浪人期間中に、すっかり周りからの期待を背負ってしまい、自分を見失ってしまっていたのです。
それを、コーチは、兼子さんの話すスピードや表情、しぐさなどを合わせることによって、
しっかり聴いてくれることを感じさせながら、心の芯にある兼子さんの自分自身の気持ちと向き合わせてくれたのです。
兼子さんは、この1回のコーチングですっかり自分を取り戻しましたが、自分の気持ちがぶれないように、引き続きコーチングを受けながら受験勉強をしようと決心しました。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)

「彼の気持ちがわからない」との悩み~恋人への思いを整理し、相手の気持ちを知る~


結婚を意識しながらなぜ、会話に熱中していないのか、漠然とした不安だったのですが、ようやく最近、彼のある「癖」で自分の感情が乱されているということに気がついたようです。
久代さんは、コーチとそのことをテーマに会話をしました。

「彼といっしょに何かを待つ間、たとえば電車に乗る駅でとか、レストランで係りの人が注文に来るまでや食事が運ばれるまでの間など、彼の貧乏ゆすりがとても気になるんです。ただ、貧乏ゆすりをしているだけならいいのですが、そういう時は、必ず私の話に空返事をしたり、めんどくさそうに返事をするんです。私はそういう彼の返事を聞くたびに、とても不安になるんです」と話し始めた久代さんに、コーチは「ひとつ伺ってもいいですか?」と前置きしながら質問をしました。

「久代さん、あなたの不安は、ズバリ!どんなことに対するものなのでしょうか?」コーチは、ナーバスなテーマであるがゆえに、久代さんに十分な配慮をしてから質問を投げかけたそうです。久代さんにとっては、まさに自分の心の核心を突かれた質問なだけに、答えることを躊躇しました。

「ゆっくり、自分の心と会話していいんですよ。どんな答えでもいいので怖がらないで考えてくださいね」と、満面の笑顔で考える時間を下さるコーチに感謝し、決心して答えたそうです。

「彼は、私に飽きちゃったんじゃないでしょうか? それが怖くて何も聴けないんです」
その後、コーチは、久代さんの気持ちを整理するために、いくつかの質問をしてくださったそうです。

「貧乏ゆすりは、彼の癖なの?」
「久代さんはいつごろから彼の癖が気になりだしたの?」

「つまらなさそうにしているとき、彼は何か別のことを考えたり、悩んでいたりするのではないの?」
「彼の心の中をのぞかせてもらうための質問で、彼がぜったいに嫌うタイプはどんな質問?」

などコーチの質問を受け、久代さん自身の気持ちの整理を行ったそうです。
そして久代さんは、次のデートで思い切って彼に尋ねてみたそうです。

「ねね、聴いてもいい? このごろ、貧乏ゆすりしている自分の癖に気づいてる?」
「空返事をするときって、何を別に考えているか、聞かせてもらえることなら聞かせてほしいけどいい?」と。

現在彼は「大きなPJを抱えており、初めてリーダーに抜擢されたのだが、会議に遅刻してくるメンバーや、書類の締め切り期限になっても仕事を終えられない後輩を抱え、時間に対する感覚が、これまでとはまったく比べものならないくらい研ぎ澄まされている。また、そんなふうに、時間時間とみんなを縛っているような気がして、どうも嫌なんだ」ということを聞かせてもらえたそうです。

現状を確認することの大切さを、久代さんは改めて感じ、勇気を出してコーチの質問に答えた自分へのご褒美は、彼の悩みを打ち明けてもら
えたということであったと、コーチに報告しました。久代さんは恋愛にもコーチングは必要で、機能することを感じたようでした。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)

喫茶店を開店したい専業主婦の悩み~専業主婦の夢を実現する嫁と姑のコミュニケーション~


「大学を出て、すぐに主人と結婚して子供を設け、夫のため、子供のためにとずっと専業主婦と専業母に徹してきた」という林田さんが、はじめて自分の力だけで西洋人形を展示した喫茶店を開くという目標を立てました。

「西洋人形を展示した喫茶店を開くというのは、若いころからの夢だったの。でもずーと専業主婦と専業母だったでしょ。そんな私に出来るかしら?」と、子供たちのお嫁さんにプランを打ち明けたところ、お二人のお嫁さんたちは、すぐさま「応援します!」「お手伝いします!」と、乗ってきてくれたと嬉しそうでした。
ところが、順調そうに見えていた準備が、なぜかなかなか進まなくなっています。
お話を伺うと、メニューにゼリーをどうしても入れたいのだけれども、それはおかしいだろうか?
コーヒーをお出しするのはお嫁さんが得意だけど、ゼリーを召し上がっている隣の席でコーヒーの香りがするのはどうかしら?
など、たいへんな迷いようです。
目標である喫茶店を開くという期日は、来年の十月と決めてあります。
当初障害になるであろうと思っていた改装資金は、貯蓄を取り崩すことでクリアした矢先のこと。やはり、専業主婦にはムリなのかしらと、ずっと悩んでしまったままでした。
あんなに楽しかったのに、今ではそう思っただけで満足してやっぱり専業主婦でいこうかしらと後戻りしようかと思い始めています。

そんな時、お嫁さんの一人が姑である林田さんに話しかけました。
「お母さんは、このごろ何を迷っていらっしゃるんですか?
頂上(開店)まではまだまだ遠いけれども、確実に前に進んでいますよね?」
「私たちに今、出来ることは何かないですか? お母さん一人で考えないで、私も今すぐお手伝い出来ることを言っていただけると嬉しい」と、手伝いを申し出てくれたのでした。

「実はメニューにゼリーを入れたいんだけど、どうだろうかと、あれこれ考えているうちに混乱してしまって何がなんだか分からなくなってしまったの」
「お母様の夢は喫茶店を開くということでしょ。それなら、ゼリーとコーヒーの両立したお店というのは、どういう形になるのか考えて見ましょうよ」

「そして、その場合、どうしたら問題が解決するのかを考えればいいんじゃないですか」
目標を達成するために、障害になる問題は何か?解決するために使える資源は何かを考えるきっかけをつくってくれたのです。

実は、林田さんは、コーチングを学習してあしかけ二年のベテランだったのです。
うっかり、自分のことになると、コーチングを機能させることを忘れて突っ走っていたのですが、改めてコーチングを身近に感じ、セルフコーチングしながら、来年の開店目指し、準備を快調に進めています。
「専業主婦・専業母だってやれば出来る!」と喫茶店のカウンターに立って胸を張っている自分の姿を夢見ながらゴールに向かっています。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)

夜の通勤電車内でのコーチング~車内での会話の紹介~


「だぁめだよ、あの人。あの人は、何でも自分の思い通りにしないと気がすまないからさぁ・・
あの会議、何だった?最初から結論ありきでさ、結局、皆が合意させられただけでしょ?
あの人は、結局、部下を潰すタイプだよなぁ・・・」
そんなに遅い時間ではない電車の中で、よほど腹に据えかねたのでしょう。さほど、悪酔いしているふうでもないビジネスパーソンは、一気に心の中を吐き出すようにしゃべり続けました。
一緒に電車に乗っていた同僚と思しき社員との会話を紹介しましょう。
この同僚と思しき相方が、コーチングを勉強していたかどうかは不明です。もし、学習していらっしゃらないとしたら、根っからコーチングの素養を見に備えているネイティブコーチャーなのでしょう。
でも、このやり取りは、まさに、コーチングを学んだ方だと思いました。皆さんなら、どんなコーチングを組み立てますか?

「そうだよね。あの部長は君の言うとおり、まさしく部下を潰すタイプだよ」
「そうだろ?そう思うだろ?ほんと、やってらんねんよなぁ・・俺たちがこれまでどんなに根回しして、みんなの同意を取り付けていたと思う?」

「そうだね、確かにね。同意を得るために、君はとても頑張ったよね。通常業務以外にもよく頑張ったね。それを認めてもらえないのはきついよなぁ」
「だろ?俺、あの人の下にいる限り、もう出世出来ないと思う。だって、顔に出ちゃうもんなぁ・・あの人のやり方についていけません!って態度にも出ちゃう」

「そうかぁ・・つらいなぁ・・。ところでさ、それなら、転属願い出してみたらどうかな?」
「え?転属願い?」

「知っているだろう?うちの会社、このごろ、自分で勤務先や仕事を選べる制度が出来たっての」
「ああ、知っているけど・・・なんで自分が動かなきゃなんないんだ?」

「あの人が、出て行けばいいんじゃねえの?」
「だけど、あの制度は、人を動かしてもいいという制度じゃないでしょ?」

「そりゃぁ、そうだけど・・」
「君のためにならないなら、この支店にずっといなきゃいけないことはないよ?人との問題は、相性もあるからね。君は、あの部長と一緒になって、初めて挫折感を味わったから、今まであったどんなことよりも、今、我慢出来なくなっているだけじゃねぇの?」

「そうかなぁ・・でも、お前だってさっき言っただろ?部下を潰すタイプだって」
「たしかに、あの件では、結論ありきの会議になったし、根回ししていたお前のことだって、慰労してないからな。そういう意味では、部下を潰すさ。だけど、じゃぁ、部長はすべてにおいて部下のためにならないことばっかりしてるかな?」

「・・・・」
「お前はお前のやり方を変えようとしてなくて、真っ向勝負って感じでぶつかっているだろ?部長からみたら、どう思うかな?」

「部長から見たら、面白くないだろうな?でも、このあたりは、何でも先に根回ししておく必要があるし・・。そんなことも知らないで荒らされて、部長はちょっとしたらまた転勤だろ?残された俺たちはどうしたらいいんだ?」
「部長の言うとおりにしていたら、取引に影響するかもしれない。だけど、俺たちは、転属を希望しなければここにずっといられるさ。ということは、日々の付き合いは、俺たちがずっと築き上げてきた人とのつながりがある。ちょっとやそっとで関係が崩れるような付き合いにならないようにしたらいい。それより、部長と事前の打合せはやったのか?」

「いや・・俺、あの部長苦手だからさぁ、なるべく話したくないからさ、朝礼終わるとすぐに客先周りに出て、夜もゆっくり帰ってくるようにしているんだ。大事なことは、メールで話しているから問題はないさ」
「そうだな。メールは情報の共有は出来る。でも、それだけでいいかな?」

「それだけって?」
「つまり、今回、もっと早く部長と話したら、結論がずれていることに気づいたんじゃねえの?」

「確かにな。そうだな・・・部長がああいう結論だとは思わなかったしな」
「部長は、確かに自分の出した結論を押し通そうとした。それは誰が見てもそう感じるだろうさ。だけど、それを確認しないで根回しをしていた君にも、問題があるんじゃないかな?一度、部長と話してみたらどうかな?」

「でもなぁ・・・。俺、この間の会議で、噛み付いちゃっただろ?いいかなぁ」
「一人で話しづらきゃ付き合うよ。どうする?」

「そうだなぁ・・・そうしてもらおうかな?」
「イツがいい?」

「早いほうがいいかな?俺、嫌われてたらいやだし・・」
「まぁ、相手の気持ちが分からないのに心配してもしょうがないさ。あたって砕けないようにしようや」

「そうだな。なんだか、気持ちが楽になったよ。一度、この間のこと、誰かと話したかったと思ってたし。でも、誰に話していいかわからなかったし。忙しそうだったし」
「あんまり気を使うなよ。話したいときは、そう言ってくれればいい」

「すまんな・・・じゃ、俺ここで降りるわ。かみさんが迎えに来てるから」
「おやすみ」
「おやすみ」

この間、二十五分くらいだったでしょうか?
最初は愚痴を我慢しきれず、大声で吐き出していた男性Aさん。電車は大勢の人が利用する公共の場所であることもわきまえず、言いたい放題。これ以上続いたら、おせっかいでも声をかけてしまおうかと思ったくらいでしたが、同僚の方が控えめながら、冷静に話をリードしてくださったお陰で、電車内の空気がほっと緩んでいきました。
今年もまもなく新社会人の入社式。
どうぞ、新社会人が未来に夢を描き続けること
が出来ますよう、今、すでに企業を支えるビジネスパーソンの皆さんの、いきいきした顔を見せてあげてください。
働くことは辛いことですが、苦労をするから人は成長するのですから。仕事を通して自己成長、感じてみてください。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)

板前修業に入って三年目。~他者の感情を理解する~


日本料理が大好きで、いつかは自分の店を構えたいと思っている神山君。
高校卒業と同時に、料理の世界に足を踏み入れた神山君ですが、このごろ元気がなく、コーチをされているお母さんに紹介されて、セッションすることになりました。

「こんにちは。お休みをつぶしていただいて、恐縮です。ありがとうございます」
「いえ、こちらこそ、急なお願いをしてすいませんでした」

「今日は、どんなことをテーマに話しましょうか?」
「はい、今後の進路のことをちょっと考えたいんですが、いいですか?」

「そんなに硬くならなくてもいいですよ。何か緊張でガチガチになっていますね。神山さんは、お仕事で緊張するのはどんなときですか」
「そうですね。板場の中でも、板場のものの食事『賄い』を作るときは緊張します。同じ道を志す下っ端が先輩のための食事を用意するわけですから。実力とアイデアを試されているようで、とても緊張するんです」

「そうでしょうねぇ・・。どんな『賄い』がお得意ですか?」
「得意なのは野菜たっぷりの雑炊です。魚のアラでだしをとり、野菜の切れ端を細かく切って、卵だけは料理長から分けてもらいますが、他は、すべてお客様にお出しした料理の材料の残りというか、切れ端でやれるようになりました」

「そうですか。素敵ですね・・見習わなくちゃと思います」
「それはいいんですが、このごろ料理長が僕に何も言わなくなったんです。僕より下の新人にはいろいろ言っているのに、僕は何をしていいのかわからず戸惑う毎日なんです、僕は、料理長の気持ちというか、阿吽の呼吸で動くことが出来なくて・・・板場にいるのが苦痛なんです」

「うん、辛いですねえ」
「・・・・」

「お料理の世界を志したのは、どんな自分を思い描いたからでしょう?」
「僕は、母一人子一人で。いつも母は夜遅く仕事から帰ってきて食事の支度をしてくれていたんです。だから、大きくなったら、いつか母に食事を作ってあげようと思って。それなら、いっそ料理人になって自分の店を持って、母においしいものを作ってあげたいと思ったんです」

「素敵な夢ですねえ。お母さんをうらやましく思います。神山君は優しいのねぇ」
「中学でまったく勉強しなかったし、家は経済的に難しいから高校へいけないと思っていた。でも、母は一生懸命に働いて、高校へはどうしても行けと応援してくれて。自分もバイトして頑張って卒業しました」

「そう、苦労したんだネェ」
「親父を恨みました。親父がしっかりして、離婚してなければって」

「そうですね。ご両親には何かの事情がおありだったわけでしょうからね」
「僕、親父がいないから、歳の大きい人との話をどうしたらいいかわからなくて・・」

「料理長とのこと?」
「はい、料理長もだけど、先輩とかも。怖いんです、話し方が。いつも怒られている様で」

「そうかぁ、それは困ったネェ。ほんとうに怒られてるの?」
「そういう時もあるし、そうじゃなくて、仕事の指示を出されてるだけのときもあります。僕がわからないんだと思うんです」

「今年入ってきた後輩はそれがちゃんと出来るってことですか?」
「はい、『べつに料理長は怒ってないんじゃないっすか?』ってこともなげに言うんだけれども、僕にはどうしてもそう思えない」

「そうかぁ、それは辛いね。一つ聞いてもいいかな?」
「はい」

「料理長の表情ってどんな感じか観察したことはある?」
「表情ですか?」

「いつも、まじめな顔をされています」
「そうですか、まじめな顔ですね?先輩方は?」

「先輩は、料理長と同じようにまじめな顔」
「なるほど。お母さんのというか、女性の表情と比べて、何が違うと思う?」

「女性の表情ですか?」
「そう、例えば女将さんとの違いは?」

「うん・・・難しいなあ・・・。女将さんは・・・」
「私が想像したことを話してもいい?」

「はい」
「女将さんは、いつも笑顔。おかあさんのイメージも笑顔。だから、何も抵抗を感じないけれども、男性は笑顔をほとんど見せず、まじめな顔をして、お仕事を黙々としていらっしゃるんじゃないかしら?」

「ああ、確かに・・・。先輩とは、まだ、手が空いたとき話をして笑う顔を見たことがあるけど、料理長とは、そんなふうに時間を過ごしたことはないですねぇ」
「そうだね。だから必要以上に緊張しちゃうんじゃないかな?」

「そうかもしれません。後輩は、それが出来ているような気がします」
「それが出来ているというのは?」

「僕も1年目は、料理長から直接、いろいろ教わったことがあるんです。包丁の入れ方とか、鍋の磨き具合をチェックしてもらったりとか。もちろん、そういうときは、厳しい顔しても当たり前だと思ってました」
「どうしてそういう時間が減ったのかな?」

「仕事場で、一応、自分で動けるようになったからだと思うんです」
「それは、成長したということだよね。誇りに思っていいじゃない?」

「そうかもしれない。でも、料理長と話せないで、阿吽の呼吸も持てないし。どうしたらいいんでしょうか?」
「厳しいことを言ってしまうけど、学校じゃないから、声かけてもらうまで待ってちゃだめなんじゃないかな?」

「自分から、話しかけて迷惑じゃないでしょうか。僕は、人から話しかけられるのが嫌いなんですが・・・」
「迷惑だなんて心配することはないと思うわ。料理長はあなたが成長しているから、手取り足取り、何から何まで指図されて動かさなようにと考えたんじゃないかしら?料理長は神山君に任せて話しがあれば聴こうと考えているんだと思うわ」

「自分から、どう話しかけたらいいんでしょうか?」
「神山君はどんなことを話したいの?」

「そうですね、いろいろ聞きたいけど、技術のことかな?まだまだ、覚えなきゃいけないこと、いっぱいあるし。あと、材料のこととかも」
「なるほどね、いろいろ教えていただきたいんですが?って、自分から声を掛けてみたら?」

「え?だって、料理長はお忙しい方だし・・」
「もちろん、調理している最中はだめだよね?だとしたら、いつならいいと思う?」

「ああ、そうですね。お昼休憩のときとか?仕事が終わって帰り道とか?」
「そうだね。声をかけてもいいときがいつなのか?1週間、観察してみようか?」

「そうですね。やってみます」

年齢の違う父親のような上司や先輩との付き合いにまごつかないようにするには、子育て中の父親はどう接していけばいいのか。
子育て過程の中でのお父さんの役割、改めて感じました。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 2月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ