コーチング事例集:コーチ養成講座で実践的なコーチング技能と資格取得を。セミナー、研修、コーチングであなたの課題を解決

コーチング事例集

他責にて仕事をしている人への初回のコーチング~コーチングへの正しい理解と自分で行動することに気づかせる~

初めて訪ねた病院の事務長さんとのコーチングです。
「経営戦略を立てて稼げる病院にしたいんです。このままでは病院はだめになってしまいます」と唐突に語る事務長さん。
「そのことについては、院長先生はどんなお考えなんでしょうか?」との質問に、「院長は、ドクターとしては腕は立つけれども、経営感覚は全くないと思います」と、語気を強めて訴える事務長さんは、明らかに苛立ちながらコーチングを受ける決心を話し始めました。

「病院はね、ドクターの資格がないと、経営は出来ないんです。でも、ドクターで経営の感覚を持っている人なんて、いないんじゃないですか?」

「ドクターに対する意見をはっきりお持ちのようですね」

「ええ、看護師だって余分に確保しないでいるから、みんな疲弊しきっている。にもかかわらず、一言の労らいもなく、自分の機嫌しだいで若手の医師や看護士を当り散らすし。見ていても気の毒ですよね。病床数の増減だって行き当たりばったりだから、職員の数もしょっちゅう見直さなきゃならない。忙しいばっかりだし、褒めないどころかしかられてばっかりという職場だから、ベテランの看護師はどんどん辞めるし・・・」

「なるほど、そこで、戦略を立てる必要があると思われたんですか?」

「ええ、もう、自分の首をかける気持ちで院長に進言したんです。『このままじゃ、病院は立ち行かなくなります。看護士は疲れきっているし、ベテランの看護師はどんどん辞めるし、このままでは医療ミスを起こしたり、看護師の労災問題などで新聞沙汰になりますよ?なんとかしなくては経営も立ちいかなくなりますよ』と。そうしたら、急に顔色が変わって、『そんなに危ないのか?』とおっしゃるから、長い目で見たら、倒れるということですと申し上げたら、どうしたらいい?と、下手に出られて・・」

「なるほど、院長先生が少し弱気になったんですね?」

「ええ、そうですね。それで、『経営を立て直すなら、やはり戦略が必要なのではないでしょうか?』と提案したんです。そうしたら、『そうか。戦略が必要か。その通りだな。戦略案を院長である私がつくってもいいんだが、私がつくるとそれは戦略案ではなくて決定になるので、ここはひとまず経験豊富な事務長、君のところでいい案をつくって持ってきてくれ。それで今後のことを検討していこう』って言われたんですよ」

「なるほど。院長先生は、それを事務長であるあなたの仕事にしたということですね?」

「おかしいとは思うんですよ。その役割は、病院の、経営者の役割だと思うんですが、とにかく病院が立ち行かなくなると困るので、私が考えようと思ったんです。院長に任されたのもすこしいい気分だったし、院長には考えられないから、自分しかいない。よしやってやろうって思いました」

「少しいい気分でやる気が出たのですね」

「ただ・・・」

「ただ、どうなさったんでしょう?」

「私には、荷が重くて・・すぐにはわからないんです。どうしたらいいのか・・・そこで、経営の勉強を始めビジネススクールに通うことにしたんですが両立が出来ず、投げ出してしまおううかと思ったりしました。挫折しかかっていたら、ビジネススクールの先生が、コーチングのことを教えてくださったんです」

「なるほど、では、実際に会話をしてみて、話す前と後では、どんな風に気持ちが変わるかをやってみましょうか?今日ははじめてのセッションですが、どんなことをテーマに進めましょうか?」

「え?話すテーマを自分で決めるんですか?僕の話を聴いて、アドバイスをくれるんじゃないんですか?」

コーチの言葉に対して明らかに不信感と不満を表情にした事務長さんは、コーチの質問に答えようか辞めようか、迷っているようです。

「無理にお答えになる必要はありません。答えたくないですという答えもあるんですよ。それでは、改めて伺いますが、すぐに解決してしまいたい問題をテーマにしたいと思いますが、いかがでしょうか?」

コーチの穏やかな表現に、意を決したように事務長さんは口を開きました。

「すぐ解決出来るアドバイスや方法がほしい」

「すぐに解決するためのアドバイスや方法がほしいのですね。では、最初に質問させていただいてもよろしいですか?」

コーチは、アドバイスするとも方法をあげるとも言わず、自分の話すことを質問という形として表現しました。
事務長さんは、コーチの話に了承して、コーチの次の言葉を待ちました。

「事務長さんは、人からの指示・命令を受けたとき、いつもどんな気持ちになりますか?」

「え?気持ちですか?仕事上での指示・命令は当たり前のことだから・・・」と言いながらも、はっとしたようです。

「そういえば、気持ちよく思ったことはありませんね。もっと別の方法があるのに・・と、心の中で考えています。ましてや、院長からなら、『またかぁ、自分は言うばっかりだなぁ・・』と思っていますね」

「なるほどね、気持ちよく思ったことはないんですね。では、こうしたら、ああしたらという助言はどういう気持ちで受け取りますか?」

「・・・(しばらくの沈黙の後)いやだけど、従っておかないと、院長の機嫌が悪くなる、と思い、しぶしぶ従っていますねぇ・・」

「なるほど、助言は、しぶしぶ従うわけですねぇ。ということは、院長先生からの指示・命令・助言は、間違っていると思っても、ほかにいい方法があると思っても従っている、その結果については、自分のせいではない、院長がやれと言ったからやるだけのことにすぎないということでしょうか。では、どうしたら、事務長さんは気持ちよく自分の考えどおりに行動するのでしょうか?」

「・・・ん・・・・」

事務長さんは、すっかり考え込んでしまいました。
だれでも、答えは自分の中にあるのです。しかし、それに気づかず過ごしている人がほとんどなのです。自分の持っている答えを封印して、上司の言うことにひたすら従っている人もいます。そのほうが責任をとらなくてもいいから楽だからだと思う人もいます。しかし、それで企業人としての使命が果たされていると言えるでしょうか。
自分の中にある自分の意見や考えを曲げずに、なおかつ、組織が目指す方向からは外れないように行動する。それが、企業人としての使命です。
コーチはコーチングを通じて、クライアントにそのことを自ら気づいていただくことに主眼をおき、クライアントを支援します。答えを提供するのではなく、クライアントが自分で持っている答えに気づくことを援助するのです。
戦略作りは、まさに、会社の今後の全てを左右するほどの重要な役割です。
使命を与えられたことに気づくためにも、コーチングはしばらく続きました。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

歯科開業医コーチングにふれました~コーチングを体験して自己を見つめなおす~

歯科医になって五年半。石川さんは念願の開業にこぎつけました。
勤務医としての経験を元に独立し、晴れて開業医となり最初は無我夢中で走っていました。このごろ、自分は技術者として患者さんの歯を治療する歯科医として活躍したかったのか、それとも歯科の経営者として行動したかったのかに迷いが出てしまいました。独立して開業しているわけで、技術者としての歯科医師としての自分と、歯科経営者としての自分との両面で仕事をしていかなければならない。また、それがやりたくて独立したんじゃないかとは思うのですが、自分には両立出来るほど時間にゆとりがない、才能がないと悩み始めました。患者さんの治療をしていても、ふっとそれが頭をよぎるようになり、適切な治療が出来ているのか不安にもなってきて、気持ちは落ち込む一方でした。

そんなとき、歯科医師会の会合があり、何か参考になることはないかと参加してみました。宴席であったこともあったせいか、「私は歯科医として患者さんのことを最優先に考えているんです。しかし、個人で開業しているわけで経営というものも考えなければならないんです。

歯科医としての自分と経営者としての自分とは、矛盾した関係であると思い、それは両立出来るはずがないと思うんです。どちらかを犠牲にしなければ成り立たないわけで、そうすると歯科医ではなくなってしまうんじゃないか、自分がとんでもない男になってしまうんじゃないかととても不安なんです」自分の心の中のわだかまりを、酒の勢いで話し出したところ、地域でもやり手との評判の高い橋本先生が話しかけてくれました。

「石川さん、ぼくもさぁ最初はそう思ったんだよねぇ・・。患者は少ないし、高齢者ばっかりで時間にゆとりがあるから、なかなか話に付き合うのが大変で、ともすると予約時間がだらだらになっちゃって、別の患者さんからのクレームで、受付に飛んでいって、平身低頭謝って。何のために苦労して歯科医になり、独立したかわからなくなっちゃったんだよねぇ」

石川さんは橋本さんの話にうなづくばかりでした。ただ、石川さんはこの時「橋本先生、なぜ、そんなこと僕に話すのかな?ずいぶんやり手の先生と聞いているけど、苦労話はいつ自慢話に変わるんだろう?」と、懐疑的に感じたそうです。

その後も、橋本先生は「石川先生は、どんな歯医者になりたいと思っているの?」とか、
「子供の患者って、どうしたら増えると思う?」など、日ごろ石川さんが考えていることを話したくなる質問ばかりをしてくるので、ついうっかり話してしまいそうになりました。しかし、石川さんは「橋本先生は、私のアイデアを盗みにきているのかもしれない」という不安が生じ、同業者はライバルだと思い始めたそうです。そのことが石川さんの口を重くしていました。

その夜は、橋本先生の質問に対して答えをあいまいにしたまま自分の部屋に戻り、一人、飲みなおしていたのですが、橋本先生の質問が何度も頭によみがえり、石川さんは、自分に向かって、「それは・・・」と、答えてみたそうです。

翌朝、どうしても橋本先生ともう一度話したくなり、石川さんは自分から橋本先生を探し、朝食を一緒にとりたいと、自分から橋本先生に話しかけてみました。

橋本先生は、石川さんの突然の申し入れを快く受け入れてくれたばかりではなく、穏やかに石川さんが話す夕べの質問に対する答えを聞いてくれていました。
石川さんの意気込む姿が落ち着いたころ、橋本先生はゆっくりした口調で石川さんに質問をしました。

「石川先生、先生は、昨日はお話しにならなかったのに、どうして今朝は私に話してくれる気持ちになったのでしょうか?」
あまりに率直な質問に、石川さんはどう答えたらいいのかわからずもじもじしていましたが、思い切って答えてみました。

「いやぁ、橋本先生、ほんとうに申し訳ないことですが、先生の質問に答えると、自分のアイデアをとられちゃうような気がしたんです。だけど、あの後、部屋で自分に向かってたくさん話をしたんです。『どうしたい、こうしたい、こういう思いもある・・』とね。今朝、橋本先生のお姿を探してまで話したくなったのは、どうしてなのかわかりません。しかしこれだけは言えます。夕べ考えていたことを今朝、橋本先生にお話したら、夕べ考えたより、更にアイデアが膨らむのを感じて、驚きを感じています」
と、石川さんは素直に橋本先生に話しました。

橋本先生は、「僕はね、実は、患者さんの話を聴くのが苦手でね。ず~っと、治療中黙って仕事をしていたんですよ。ところが、ある日、おふくろがこっそり治療にやってきて、びっくりしながらも、いつものように仕事をしたら、治療を終えた後にこう言ったんですよ。『歯医者はマスクをしているから、目線で話をしなくちゃならない。言葉にならない言葉で語るのは難しいねぇ。今のお前の眼は怖くて、見つめられると思わず眼をつぶってしまうよ。お前の考えているところを読み取るために眼で会話するどころじゃないよ』とね。それで、考えちゃったんだよねぇ」

そのとき、橋本先生は初めて、マスクで顔を覆ったまま、いかに患者とコミュニケーションをとったらいいかを考え、先輩の歯科医から患者とのコミュニケーションには相手の考えていることを引き出すコーチングが効果あるよと教えられ、コーチングを勉強し始めたことを教えてくださいました。

「僕に今、話をしたら、夕べのアイデアが更に膨らむように感じたって言ってたでしょ?これって、大事なことなんだよ。経営者としても、歯科医としても、僕らの仕事はとても孤独なんだ。誰かに話をすると、アイデア取られちゃうように思うその気持ち、僕にもよく理解出来るからね。だからこそ、コーチと会話する時間が必要なんだと思うよ。何でも聴いてくれるから話しているうちに、思わぬことを思いついて嬉しくなったり、こんなに人の口と心を軽くするなら、自分も聴き方を習おうと学習出来たりね。経営者としてとか歯科医としてとか、難しいことは後で考えるとして、どうだろう、とにかく患者さんからありがとうという言葉がもらえる歯医者を目指して、突っ走ってみたらいいんじゃないかな?と僕は思うよ。報われない努力はない。石川先生は、真剣に自分の仕事と向き合っていると僕は思うよ」と、言われ、石川さんは心が暖かいものでいっぱいに満たされたような気がしたそうです。

「日々の忙しさに流されないようにその日に感じたことを日記につけることも大事なことだから必ず日記をつけたらいいよ。それは自分を自分自身でコーチングすることにつながるよ。セルフコーチングって言うんだ。そして、それで感じたことを今日みたいに人に話すことが大事だよ」と橋本先生から最後に言われました。

人に話すことによって、更にアイデアが膨らむのがコーチングの醍醐味です。

石川さんは、患者さんとのコミュニケーションのとり方を橋本先生に習ったような気がして、気分がスッキリ晴れて今日も一日頑張るぞと思ったそうです。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

創業会長の力を活かす二代目社長の配慮

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
生きるために必要なものはたくさんあると思いますが、遠く離れている私達ができる支援は、皆さんに「勇気と希望」を忘れないようにしていただくことだと思い、心をこめて今号を記します。

さて、今回は、事業承継してまもない2代目若社長とのコーチングの続きをご紹介します。

コーチ:「前回は、先代社長のお父様と意見が違うことが、大きな障害となるのか・・・と言うところで終えましたが、前回から昨日までの間に何か、お考えはまとまりましたか?」
社長:「いやぁ、まとまったようなまとまらなかったような」

コーチ:「具体的にお話しをしていただきながら、まとめましょうか?」
社長:「はい、まず、意見の違いは障害ではなくて、不快に思っているだけのような気がします」

コーチ:「具体的になっていますね。嬉しいです。不快な気持は、社長にどう影響を与えるんですか?」
社長:「やる気をそがれるんです。ああ・・またか!って」

コーチ:「天を仰ぎたいって感じ?」
社長:「まぁ、そこまではいかないですが、かなり体を重くします」

コーチ:「他には?」
社長:「ただ、一方で、あまり親父の考えを否定するのはどうか?って思っちゃいます」

コーチ:「それはなぜ?」
社長:「一生頑張ってきた人だからね。それに、自分が否定されてやる気がそがれるんだから、親父も一緒だろうって。それと・・・可哀そうだという思いもある」

コーチ:「結局、お父様思いなんですね」
社長:「うん・・・やっぱり親父ですからね・・・」

コーチ:「さて、やる気がそがれる、不快な気持ちですが、どうしましょうか?」
社長:「そうですね。どうしたらいいんでしょうか?」

コーチ:「相手を変えようと思わないこと。これは今までも散々申し上げていますよね?」
社長:「はい、今さらかわりゃしませんし」

コーチ :「では、改めて伺います。二代目社長として、いま何をしたいのでしょう?」
社長:「安定した経営をし、社員を養うこと」

コーチ :「なるほど。それを実現するためにお父様の意見が自分と違う。違うと、やる気がなくなったり、不快になる。それを乗り越えるためには?」
社長:「そういうものだと思うこと。意見がそれぞれ違うことはよくある。部長とも違うのは会議でお互い歩み寄ることにしている。
ああ、そうですね。親父にももう一度、会議に参加してもらったらどうだろう。乗っ取られるから、この頃、正式なメンバーとして会議に出席するよう要請していなかった」

コーチ :「それでは、お父上の立場はないですもんね」
社長:「そうですね。余りにマイペースなので、社員が嫌になると思っていたのですが、自分が嫌だったことを棚上げしていました」

コーチ :「それで、会議は思うように進められますか?」
社長:「いやぁ、いろいろ脱線するだろうし、人の言うことを聴くとは思えない。だから、言いたいことだけ言わせて、早めに退席していただけるよう、自由な立場で出席してもらおうと思います。そのためには、全員が入る会議のほかに、古参の幹部社員だけの会議を1つ、作るようにします。」

コーチ :「それは何か、思うことが合ってですか?」
社長:「はい、古参の幹部社員は、親父の考えの癖や表現になれているので、冷静に受け止められると思うからです。もちろん、わたしもそれは出来ますし、わたしと考えが違うところは、すぐに自分の意見を伝えることができるので、齟齬が生じても、おそらくこの間よりもごたつかないで、別の会議に進むことができると思います。」

コーチ :「なるほど、それは実行できそうなアイデアですね。ぜひ、やってみましょう。」

というところで、セッションは終了させました。

父と子。関係は単なる社員と経営者と言うよりも複雑でしょうが、実は親と子なのだから、分かりあえる要素もたくさんあることでしょう。
父から見れば、幾つになっても子供は子ども。子供からすれば、親父の背中が丸くなり、小さくなったことを受け入れて、自分がしっかりせねばと力む。そんな関係が、お互い自然体になりさえすれば上手く行く。答えを見つけられるまで、しばらく見守って参りましょう。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

二代目社長の自立

日本には、地域に根差す独特のお祭りがたくさんあり、中に奇祭として紹介されるものがいくつかありますね。
わたしが暮らす愛知県にもいくつかの奇祭がありますが、「国府宮のはだか祭り」もその一つです。
男42歳厄男が神様のお使いとなって、無病息災などを司ると言うこのお祭り。神男に触れることができると、1年、無病息災で過ごせるというものですから、少しでも触れようとする皆さんにもみくちゃにされてたいへんです。
人生80年という長寿社会を迎える昨今では、男40歳は、まだまだ、人生の折り返し地点に立ったばかりの若造と扱われる時代。不惑の歳に何を思うのでしょうか?
また、時代の変遷に流されず、お祭りは、文化として脈々と生き続ける姿に触れるたびに、守ることの大切さと難しさに思いを巡らせます。

さて、今回は、事業承継してまもない2代目若社長とのコーチングをご紹介しましょう。

社長:「やっぱり、昨日の会議も乗っ取られました! しかも、言いたいことだけ30分ほど、機関銃のように話して、さっさと妹の家に、ご飯食べに行っちゃったもんですから、残された自分と社員は、『あれはなんやったんや?』と唖然としちゃって。会議を元に戻すのに大変でした」
コーチ:「あちゃぁ・・・やっぱり元に戻っちゃいましたね。残念に思います」

社長:「でしょう?どうしたらいいですかねぇ・・・」
コーチ:「あまり、社長の心を先走って言葉にすることはよくないでしょうが、できれば、参加させたくないという感じですか?」

社長:「いつも、はっきり代弁してくれて助かります。自分で言葉にするよりは、罪悪感をもちませんから」
コーチ:「でも、それもできない?」

社長:「はい、あまり、何もかも取り上げたら、父親はどう生きたらいいかわからんくなるでしょう。これまで社業一筋でしたからね」
コーチ:「実際、そうなさったことがありましたね?」

社長:「はい、でも、本当に元気がなくなって。だから、今は銀行関係の仕事は任せとるんですわ」
コーチ:「業務を分けるという考え方ですね?」

社長:「でも、結局、毎日会社に来るから、古参の社員は、親父の言葉に従ってしまう」
コーチ:「お父様の件は、今、社長が社業を全うさせることと、どのくらい関係が深いのですか?」

社長:「うん・・・関係があるようなないような・・・」
コーチ:「遠慮があるだけではないですか?」

社長:「そうだといいんやけど・・・」
コーチ:「お父様は変わらないでしょう。これまで通り、これから先もずっと」

社長:「だから、困るんだよなぁ」
コーチ :「社長業ってなんでしょう?」

社長:「安定した経営をし、社員を養うこと」
コーチ :「なるほど。それを実現するためにお父様の意見が自分と違うことが大きな問題になる」

社長:「大きな問題かなぁ?・・・」

というところで、セッションは終了させました。

2代目社長は、まだまだ、自分がどんな戦術で経営しようと考えているのか、自分の考えをまとめ切れていません。それを、目の前にいる人が原因だと思い込むことで、自分を安心させようとしているだけかもしれません。
日本を支えている中小企業の社長たち。しっかり自分を見つめて、社業繁栄のために、自分の考えをまとめて、自立してほしいなぁと思います。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

使命感を認識することによって仕事への誇りに気づかせる。

どこからか、杉の花粉が飛来してきましたね。
スギ花粉探知機のような自分の鼻が、恨めしいのはこの季節だけです。
匂いに敏感な鼻は、強みでもありますが、一方で花粉にすぐに反応する点においては、弱みでありましょう。強みと弱みは背中合わせ。
一年にこの時期だけ、強く感じます。

さて、今回は、自分は特別でありたいという思いが強い社員とのコーチングを考えましょう。

Aさん:「いつもお疲れ様です、コーチ。わざわざお越しいただいてますが、たいへんなお仕事ですねぇ」
コーチ:「皆さんが、営業に出られるのと同じですよ。Aさんこそ、海外のご出張もあるし。たいへんですね」

Aさん:「いやぁ、営業でも海外への出張があるのは私だけですから、他の人には理解できないでしょうけれども体は疲れますねぇ」
コーチ:「そうでしょうね。ところで、今日はどんなテーマに焦点を合わせましょうか?」

Aさん:タイムマネジメントについてお願いしたいんです」
コーチ:「具体的には?」

Aさん:「はい、その海外出張なんですが、平均して月に1回、5日間くらい出るんですが、ヨーロッパの出張では時差とかあるから、戻ってからの仕事が計画通りこなせず困っているんです」
コーチ:「なるほど。戻ってもすぐに時差に頭が切り替えられない?」

Aさん:「そうですね。克服しようとあの手、この手を使うんですが、どうしても、戻ったその日は、行動が鈍くなってしまって・・」
コーチ:「そうでしょうねぇ。たいへんですね」

Aさん:「といって、戻ったその日は休むわけにもいかないし」
コーチ:「今日のセッションのテーマは、タイムマネジメントだとおっしゃいましたが、タイムマネジメントするために、時差を克服したいと言うことなのかしら?」

Aさん:「ああ、そうかもしれません。何せ、社内では海外出張するのは役員のほか、ごく限られた人間だけなので、時差に悩まされながら仕事をしていることを話しても、同情されるだけで・・・」
コーチ:「なるほど。時差に悩みを抱える自分の立場は理解されていないと感じるのね?」

Aさん:「そうなんです。出張明けに休みなんて、ええ??って感じで、上司も快く思わないようなんです」
コーチ:「上司は、出張後のAさんに何を期待して出社してほしいと考えるんでしょう?」

Aさん:「出張先での取引先との会議の内容を聴きたがるんだと思います。実際、朝一番に報告をするようにしています」
コーチ :「上司の期待には応えているいるものの、時差は辛い。その後の仕事が計画通りに進められないと言うのが現状ね。理想は?」

Aさん:「理想は、報告はメールか何かで行って、翌日の午前中位はゆっくりしたいですね」
コーチ :「なるほど。そういう自分の意見を伝えたことはあるの?」

Aさん:「いやぁ、そんなこと言ったら、自分の価値を下げるみたいで。上司の代わりに、自分が海外出張できるんですから、弱いところは見せたくないです」
コーチ :「そうだね。時差を克服するのに時間がかかるのは、Aさんの弱みなんだね。では、強みを活かすとしたら、どんな強みをどんな形でいかせるんだろう?」

Aさん:「わたしの強みですか?・・・ん・・どうだろう」
コーチ :「行動予定を効率よく、合理的に立てる力が高いことをどう使うか?来週、また、一緒に考えましょう」

というところで、セッションは終了させました。

誰でも、自分は特別であると思いこみたいものではありますが、組織の中では、それぞれの強みをもつ社員が、強みを使って企業利益をあげるよう努力するのは、組織人としての使命であり、特別なことは何もありません。
今後のコーチングは、「自分の仕事にどんな使命があり、仕事をすることが誇りである」ということに気づかせる方向に設定することが、コーチの私としての最善を尽くすことなのではないかな?と、感じました。

竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2017年 11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ