エグゼクティブ・コーチ養成講座 Q&A集

コーチ養成講座についてのQ&A:コーチングを学ぶ

「コーチング」は子供にもできるのでしょうか

コーチングは、相手の心をつかみ相手の中にある答えをうまく引き出すことによって、相手が自ら考え、自ら行動を起こすための取るべき手段を引き出すことを目的とした双方向コミュニケーションですから、相手が誰であってもできます。親が自分のお子さんを、学校の先生が生徒をコーチングできます。家庭や学校でのコミュニケーションを良好にする、お子さんの目標達成にもコーチングは効果があります。

「コーチ」として独立開業したいのですが

コーチを生業として独立開業するには、クライアント確保が重要な鍵を握ります。
では、クライアントがコーチを選ぶ基準は何でしょうか?言うまでもなく、支払った対価に見合うあるいはそれ以上の成果を挙げてくれるプロのコーチです。他のコーチと差別化でき、どんな状況においてもそれなりにクライアントに満足を与えられることがプロの条件です。ハイレベルなコーチングスキル(知識+技能)と状況に対応できる実践力をもったプロのコーチのみがクライアントに支持され、コーチとして活躍を約束されます。
知識は一人で勉強できても、技能を磨くことはできず、実践力を身に付けることは望めません。
キャリア・ブレーンの「認定エグゼクティブ・コーチ養成講座」でなら、豊富な事例研究・ロールプレイングを通して知識・技能のスキルと実践対応力を修得できます。
まさにクライアントに選ばれる・望まれるコーチとなりうるのです。
独立開業という素晴らしいキャリア・ビジョンを是非コーチングで達成なさってください。そのための準備を大切になさってください。企業にお勤めであれば、在職中に当講座にて「エグゼクティブ・コーチ」までの知識と資格を取得され、企業内等においてコーチングの経験を3年以上積まれ、その上で、さらにコーチング専門企業に携わられ1〜2年間の経験を積まれ、併せて独立開業の経営ノウハウを吸収される方法もあります。

「コーチング」は電話ですると聞きましたが

コーチングの方法はコーチとクライアント間で決定しますが、1〜2週間に1回電話でコーチと話す(通常、コーチングは3ヶ月程度継続)というスタイルが一般的です。あらかじめ決めておいた日時にクライアントがコーチに電話をかけます。
電話だと顔が見えないので、抵抗感が少なくなりクライアントが話をしやすくなるというメリットがあります。
面談でのコーチングを希望するクライアントに対しては、対面方式にて面談でコーチングすることもあります。

「コーチング」はいくらですか

コーチングは、電話と面談の二通りがあります。電話コーチングは、月4回・各30分(または、月2回・各60分)で30,000円、連続3ヶ月実施の場合、75,000円です(2006年9月1日現在)。
面談コーチングは、月4回・30分(または、月2回・60分)で40,000円、3ヶ月実施の場合は、100,000円です(2006年9月1日現在)。
詳しくは、お問合せください。

「コーチング」は何回なんでしょうか

コーチングは継続して行うことによって、その効果が上がります。3ヶ月以上続けられることをお勧めします。契約は月単位となります。月4回、各30分単位、あるいは月2回で、60分単位が標準です。詳しくは、お問合せください。