コーチング、コーチの意味と活かし方、成功の秘訣

コーチとは:コーチングを学ぶ

コーチのライセンスを取得し、他のコーチとの競合に圧倒的な差をつけ、プロのコーチとしての真価を発揮してください。

コーチングとは

コーチングとは、相手が望んでいる目標があり、その目標を自ら達成することができるように、相手の持っている個人的な特性と強みを活かして、相手がその能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、相手を自ら考えさせ行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すためのコミュニケーションサポート(支援)です』

コーチをビジネスとして成功させる秘訣

コーチング能力は、あらゆるビジネスの場面で必要なものです。ビジネスの場面では、まさしく、コーチは企業経営の中枢を担っているのです。経営者から見て部下指導ができる優れた「コーチ」を採用し、育成し、定着を図り、活用することはまさしく経営の根幹をなすものなのです。コーチとしてあなたが成功するには、「稼げるコーチ」になることが不可欠なのです。 「稼げるコーチ」になるには、次の6つの条件を満たすことが必要です。

コーチ成功の秘訣
1.経営者に信頼されるコーチ
2.部下・同僚から信頼されるコーチ
3.ストレス耐性のあるタフなコーチ
4.クライアントに好かれるコーチ
5.営業ができるコーチ
6.クレーム処理の上手なコーチ

コーチングを取り入れて日常生活として成功させる秘訣

コーチング能力は、ビジネスのあらゆる場面ではもちろんのこと、日常生活の様々な場面において必要なものです。日常生活の中での普段の何気ない会話の中でコーチングスキルを活用することによって、親と子、夫と妻、老人と子供、友人同士などの間で円滑な信頼関係をつくり、保つことができるのです。

コーチとは

ビジネスの現場では、多様化・複雑化・スピード化した情報に正確に対応し会社の目標達成を図るために、経営者自身、そして中間管理職が会社の目指しているものを明確化し、これを達成するための方策を社員一人ひとりが自らの意志で考え、行動出来るように導くことが必要になります。
そのため、部下の考えていることを的確に掴み、素早く行動に移ることができる、コーチングスキルをもった人材が求められています。
企業や学校における「コーチ」とはビジネスに精通し同時にコーチングスキルを保持し、リーダーシップを発揮する仕事のプロのことをいいます。
日常生活の場面においては、個人の考え方が多様化していることから家族、友人、知人の間でのよりよいコミュニケーションを図ることが大切になっています。
日常生活における「コーチ」とは、コーチングスキルを保持し、コーチング能力を発揮して日常生活を円滑に進めることができるプロのことをいいます。
独立開業している「コーチ」とはプロのコーチの養成ができる「エグゼクティブ・コーチ」のことをいいます。

コーチの持つ意味

社会・経済環境の変化に伴い、ビジネスの環境はもちろんのこと、日常生活においても個人のニーズは多様化しています。情報も多様化・複雑化・スピード化しており双方向のコミュニケーション能力の発揮が必要となっています。
そこで求められるのは、高度のコーチングノウハウをもったプロのコーチです。コーチの世界にも差別化の時代が到来しました。世の中、すべてが差別化の時代であり、コーチも例外ではありません。差別化の時代です。しっかりした知識と技能をもったプロのコーチのみが生き残ることができるのです。
ビジネスや日常生活のすべての場面において要求されるのは、相手に対するやさしさだけでもなく、厳しさだけでもありません。コーチングスキルに裏づけされた対応の仕方です。それを可能にするのは、高度のコーチングスキルをもった講師による講座を受講し、高度のコーチングスキルを身につけたときだけです。株式会社キャリア・ブレーンの「コーチ養成講座」では、高度のコーチングスキルと豊富な現場体験をもったプロの講師陣による講座を提供しております。それ故、株式会社キャリア・ブレーンの「コーチ養成講座」の卒業生は、他のコーチと差別化された「プロのコーチ」となることができるのです。
卓越した知識と技能をもった「プロのコーチ」となって、現代という変化の激しい時代の要請に合ったお仕事をされることを願っています。