コーチングにおけるコミュニケーション基本。ラポールの構築方法について。

人への対応:コーチングを知る

コミュニケーションにおける安心感

コミュニケーションの基本は、双方が信頼しているということです。コーチを信頼していないクライアントは、自分の真実の声、本音を語りません。
いくら聞いていても、聞いていないような態度では、話し手は話をすること自体が嫌になってしまいます。コーチとしてはクライアントがコーチのことを信頼して話しをするように、安心感を作らなければなりません。

ラポールの構築

クライアントに真実の声、本音を語ってもらわなければ、正しいコーチングはできません。クライアントがコーチのことを心から信頼することによってはじめて、コーチングが可能となるのです。クライアントがコーチのことを心から信頼し安心感をいだく関係が「ラポール」とよばれるものです。それゆえ「ラポール」とは「こころとこころの架け橋」と言われているのです。

ラポールの構築の方法

1.コーチの態度
相手の話を100%聴いてあげるという態度が重要です。
2.クライアントにとって居心地のいい環境設定(座り方)をとります。
人と人の座り方としては、3通りの座り方があります。

・対面法
正対して座る方法です。両者が緊張関係となります。上司が部下に指導・命令するような場合です。
お互いが見ているものが全く異なります。共通のものを見ていません。常に相手を見ていることになります。
・90度法
90度あるいは120度の角度にて座る方法です。両者がリラックスできます。
お互いが共通のものを見ることができます。必要によっては相手のことも見ることができます。
レストランの座り方などに用いられています。
・平衡法
隣に並んで座る方法です。両者が最も親しくなれます。恋人同士の座り方です。
お互いが共通の夢を見ることができます。しかし、共通の夢がないとき、それぞれの考えていることが違う
とき話しは平行線のままになってしまい、けっして交わりません。

クライアントにとって居心地のいい座り方は、90度法です。90度法にて相対することを心がけることが重要となります。
ただし、細長いベンチのような長いすの場合、90度に座るのは困難。そのときは正対しないように、斜めの位置に座ります。
また、イスしかない場合は、イスの向きを直して「ハの字」に座ります。
座る位置をどこに取ればいいかわからないときは、クライアントに先に座ってもらって、コーチはそのあとで、90度法に近い形で座る位置を決めます。

また、イスしかない場合は、イスの向きを直して「ハの字」に座ります。

3.クライアントにとって心地よさを感じるコーチのしぐさ
ボディ・ランゲージ(身体言語)
やや身を乗り出した姿勢でうなづくと、クライアントは自分の言うことを聞いてくれていると感じます。
腕組みをしたり、目を閉じたままでの傾聴では、クライアントの言葉が詰まってしまいます。
声の調子
クライアントに合わせて、声の高さ、速さを考えましょう。
方言を取り入れることによって、親近感を増すケースもあります。
小さな子と話しをしているときには、自然と幼児言葉になっているはずです。
→大人のしゃべり方をして、小さな子を怖がらさないように配慮しているのです。
視線の高さ
・コーチとクライアント同じ視線の高さにします。
・自分は座って、生徒を立たせて話しをしている職員室の先生×
・座っている子供の斜め後ろから、立って話しをしているお父さん×
・小さな子供に視線をあわせるために、しゃがんで話しをしているお母さん○
コーチのしてはいけないこと
・腕組み→クライアントの考えや意見を受け入れない態度、拒絶の態度
・足組み→クライアントの人格を無視する態度
・ズボンのポケットに手を入れる→傲慢な態度
・タバコを吸う→クライアントが喫煙者の場合をのぞく