ビジョンコーチングの意味、ビジョンコーチングにおける質問の手法とは。

ビジョンコーチングの意味:コーチングを知る

ビジョンを考えそれに向かっていくこととは

ビジョンを考えそれに向かっていくこととは、物事を段取り踏んで整理し何をする考え実行することです。

ビジョンコーチングにおける質問

クライアントがビジョンを考えそれに向かっていくために、物事を段取り踏んで整理し何をするか考え実行することをコーチが支援するために行うものです。

1.「Goal:目標を明確化する」ためにコーチの行う質問
(1)長期目標:目標達成の時期を10年後とした場合、10年後の目標を明確にします。
(2)中期目標:目標達成の時期を1年後とした場合、1年後の目標を明確にします。
(3)短期目標:目標達成の時期を数ヶ月先とした場合、数ヶ月先の目標を明確にします。
2.「Reality:現状を把握する」ためにコーチの行う質問
(1)目標達成を考えたとき、現状はどんな状態かを認識します。
(2)目標達成に向けてのクライアントの現在の行動の確認をします。
(3)目標達成に向けてのクライアントが考えている課題のあぶり出します。
3.「Resource:使える資源は何かを考える」ためにコーチの行う質問
(1)目標達成を考えたとき、「使える資源:人」の確認をします。
(2)目標達成を考えたとき、「使える資源:物」の確認をします。
(3)目標達成を考えたとき、「使える資源:金」の確認をします。
(4)目標達成を考えたとき、「使える資源:時間」の確認をします。
(5)目標達成を考えたとき、「使える資源:情報」の確認をします。
4.「Options:選択肢を考える」ためにコーチの行う質問
(1)選択肢を増やすようにします。
(2)各選択肢の内容を検証していきます。
5.「will:意志を確認する」ためにコーチの行う質問
(1)最善の方法を検討していきます。
(2)時間(実施時期)の確認をします。
(3)やる気の確認をします。