コーチング事例集:コーチ養成講座で実践的なコーチング技能と資格取得を。セミナー、研修、コーチングであなたの課題を解決

コーチング事例集

初の新人指導係になる人編


才能(資質)や性格、キャリア履歴を活かしたコーチングの事例。
協働作業のヒントが見つかりますように。

部下:「係長、先ほど人事から任命を受けました」
係長:「新人の指導係のことですか?」

部下:「はい。大卒の男子とペアで、三か月の指導を行うようにとのことです」
係長:「初めてでしたね?」

部下:「はい。いい奴だといいんですが・・・」
係長:「あなたにとって、「いい」人と言うのは、具体的にどんなことを意味するんですか?」

部下:「はぁ、それはやる気があるとか、ポジティブだとか。明るいとか」
係長:「そうでなければ、何か問題になることがあると考えるんですね?」

部下:「いやぁ、そんなに大きな問題でもないですが、ネガティブなタイプだと苦手です」
係長:「あなた自身は、ポジティブですし、常に明るく朗らかですね」

部下:「ありがとうございます」
係長:「指導係としてのあなたに聴きたいのですが、やる気がない新人が入ってくると思いますか?」

部下:「いやぁ、さすがにそれはないと思いますが・・・」
係長:「では、やる気が下がるとしたら、何が原因だと思いますか?」

部下:「仕事のやり方とか、会社に馴染めずに不安になるとか・・・」
係長:「指導係の役割は何だと思いますか?」

部下:「わたしの役割ですか?・・・仕事を教えること・・ですかね」
係長:「仕事を教えることも役割の一つですが、不安を抱くことがないよう、まずは、困っていることを聴いて、フォローして安心させてあげてください。新しい環境に入れば、誰でも不安を抱くものです。上司や先輩の名前一つがわからないことが、不安の種になります。最初から、仕事を軸に置いた関係を整えるのではなく、まずは、会社の生活に馴染めるよう、フォローをお願いします。あなたは、日ごろからとても親切な人なので、私は心配をしていません。
しかし、初めての指導係ですから、あなたの不安を持つかもしれませんから、いつでも相談してくださいね。」

春は、新しい環境に臨むチャンスが多くなります。
誰もが抱く「不安」を払しょくするために、誰かの手がそこに伸びていることを知るだけでも、心が落ち着くものです。
部下への心配りを忘れないようにしましょう。

調整力の高い人の表現:
ノリのいい性格の行動特性:


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
<<行動を起こそうよ編 | 自己信頼感の低い部下の育成 >>

カレンダー

<< 2017年 7月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ